【WordPress】アップした画像が勝手にリサイズされてしまう原因と対処法

WordPressに大きな画像をアップロードした際に、勝手にリサイズされてしまったことはありませんか?

2倍書き出ししたのに、WordPressに載せてみるとなんか画像が小さいし、荒い、みたいな。

その場合に考えられる原因と対処法をお伝えします。

WordPressで勝手に画像がリサイズされる原因は?

考えられる原因は次の2つ。

  • プラグインで最大アップロードサイズを設定している
  • WordPressのデフォルト機能によるもの

プラグインで最大アップロードサイズを設定している

画像最適化プラグインを導入している場合は、まずはこちらを疑ってみてください。

プラグインによっては、アップロードできる最大サイズを制限する機能があり、それによってリサイズされている可能性があります。

例えばプラグイン「EWWW Image Optimizer」の場合は、こちらの設定項目から指定することができます。ここに0以外の数値が指定されている場合は、0に変更しましょう。

WordPressのデフォルト機能によるリサイズ

WordPressバージョン5.3から追加された機能で、アップロードした画像のサイズが縦横どちらでも2,560px以上の場合は自動的に2,560pxにリサイズする、というものが実装されました。

プラグインも入れていない、プラグインは入れていたが設定は入っていなかった場合は、こちらが原因の可能性が高いです。

アップロードした画像がリサイズされた場合、画像のファイル名に「-scaled」という文言が付与されます。例えば、「mv.jpg」なら「mv-scaled.jpg」といった感じ。

WordPressが勝手にリサイズする機能を無効化する

じゃあ大きい画像は決してアップロードできないのか?というとそういうわけではありません。

プラグインを使うか、functions.phpにコードを記述することで無効化することができます。

1行追加するだけなので、今回はfunctions.phpに記述する方法を紹介します。

functions.phpは、書き間違えたりするとサイト全体に影響する可能性のある重要なファイルです。
スキル的に不安のある方はプラグインでの対応がおすすめです。
参考:Disable “BIG Image” Threshold

functions.phpに記述する

次の1行をfunctions.phpに記述します。

add_filter("big_image_size_threshold", "__return_false");

以上!

自動リサイズは便利だけど、ちょっと困るかも?

サーバーの容量を圧迫しないよう考慮された機能のようだけど、知らないとちょっとびっくりしますよね。

ちなみに、大きいサイズの画像をアップロードするときは、事前に画像圧縮ツールで圧縮することをおすすめします!!

▼よく使う画像圧縮ツール(パンダのやつ)
https://tinypng.com/

RELATED POST

関連記事

WordPressで自動生成される投稿者アーカイブを無効化する方法
Event OrganiserをGutenberg(新エディタ)に対応させる方法|WordPressプラグイン
【初めてのWordPress】無料で開設するWordPressの始め方